AVケーブルテクノロジーズ| サイトマップ | お問い合わせmail|JPN / ENG

AVケーブルの教科書

AVケーブルの教科書

 目次

0.オーディオケーブルの基礎知識

1.ケーブルを替えると音が変わる

2.太いケーブル、高価なケーブル程良い音がするか?

3.平衡型(バランス)と不平衡型(アンバランス)

4.バイワイヤリング方式とスピーカーケーブル

5.電源コードと電源ケーブルって同じ物?

6.EMI規制(妨害ノイズ発生の規制)

7.ケーブルのWorkmanshipをチェックしよう

8.ケーブルの減衰量と挿入損失

9. AVケーブルのシールドを考える

X.ちょっとした解説


 

5.電源コードと電源ケーブルって同じ物?

  要注意! 電気用品安全法(<PS>E)では別物です!

 AV機器関連の雑誌記事やカタログ等を見ていると、“電源ケーブル”と“電源コード”という言葉が混乱して使われています。“電源ケーブル”の方が格調高いと考え、多用されている感があります。


注意しなければならないのは“ケーブル”と“コード”はこれを規制している法規が違っている事です。

“ケーブル”は「電気事業法」を起源に、「電気設備基準」⇒「内線規程」という法規制で定められ、この法律が及ぶ範囲は、一部例外はありますが、家庭内の壁コンセントまでの固定配線用です。Fケーブル(正式名称はVVF)やEM-EE/F等が“ケーブル”の代表製品です。この“ケーブル”配線工事は電気工事士の資格を持った方でないと行えません。

一方“コード”は「電気用品安全法(以下“<PS>E”と記す)」で規定された、壁コンセントからAV機器等の家庭用電気機器に給電する配線材です。“ケーブル”が基本的には固定配線であるのに反して、コードは、掃除機の給電コードのように、稼働を受けることを前提にして規格が出来ています。この詳細は「電気用品の技術基準の解説」という冊子に詳細規格・解説があります。コードに使用する材料(導体、絶縁材料、外被(シース)等)、構造(導体素線の太さ、絶縁物、外被の厚さ、等)、認証試験方法、規格値は可成り細かく規定されています。一つでも外れれば、不合格です。


“コード”の製品認証は<PS>Eで定められた認定試験機関(JET等)での試験を受け、合格した製品に、<PS>Eと認証機関の略称、製造者名を刻印して、認証品であることを表示します。コードに付ける“接続器(コンセント、プラグ)”も同様の認証試験を受ける事が必要です。又、これらの認証期間は“7年間”ですので、永続して販売をしたい場合には、7年毎に認証試験を受験し、合格する必要があります。

・コード(含キャブタイヤコード);主として、電子・電気機器に電源供給するための配線材で、機器が動かされるとコードも付随して動くので、導体には集合撚線の使用が細則で義務付けられています。(この事が音質向上へのネックと成ります) 定格電圧は300Vです。VFF(平型コード)、VCTF(キャブタイヤコード)等があります。

・キャブタイヤケーブル;コードより過酷な、例えば屋外の外灯等への使用等を想定した製品で、<PS>Eで規格化されています。コード同様に導体には集合撚線の使用が細則で義務付けられています。電子・電気機器の電源供給用にも使用できますが、コードより外径が太く、使い勝手は悪くなります。

上記のように、機器に給電する電源電線等はコード又はキャブタイヤケーブルを使用しなければなりません。そして導体が撚線で無ければならない、との規定があります。
<PS>E法にはその他の用途別区分もありますので、特殊な使用の場合には安全法の細則を読み、使用方法の適否に関しての理解が必要です。

電源コードの両端に、<PS>E承認を獲った差込プラグを取り付け、コードセットを製作する事が出来ます。このコード長は最大2mと規定されています。(コードセットの組み立ては、DIYショップでコードとプラグを入手して延長コードを自作出来る事と同じです。)
AVCTで発売の電源コード「PS-35-PCUHD」はキャブタイヤコードの範疇に入ります。電源用ではありますが、通信ケーブルの設計思想を加味した、高解像度のコードです。

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2006 - AV Cable Technologies All Rights Reserved